« 2004年12月 | トップページ | 2005年2月 »

2005.01.30

ソフトバンクが新ユニホームと応援歌を披露(読売新聞)

@nifty:NEWS@nifty:ソフトバンクが新ユニホームと応援歌を披露(読売新聞)

写真はこちらから

なんか見慣れてないせいもあるけど今一ピンとこない
ダイエーのユニホームに見慣てるからだろうけど・・・・

ホークスといえば王監督が球団副社長に就任された
監督としては今年は大変なシーズンになるかも知れない
去年の屈辱を晴らして
なんとしても頑張ってもらいたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.01.27

ポスティング制度って

ここ近年プロ野球界でメジャー移籍を求める選手が増えてます
ポスティング制度ってよく解らないけど
今年は巨人の上原選手がこのポスティングで移籍を球団と
話し合ってるがいまだ平行線ですよね。
FA権を取得してからでは彼自身年齢的な事を考慮に入れての
事なんでしょう。
確かに今のプロ野球では余り魅力がないのかもしれない
今年交流試合や楽天の参入やアマでも欽ちゃん球団や
四国では独立リーグ発足と話題も多いがトップレベルの選手を
引き止めるまでには残念ながらいっていないのが現状ではないか?

Jリーグで若手が海外移籍を希望すればある程度は受入れられて
野球選手はなぜ球団がそこまで保有するのか?
年棒が高いからか、

自分の人生の重要な時期をどうするかと考えた時ある面
人生の選択に一人の人間として非常に大事なことではないのか
プロスポーツ選手は短命な訳だからその辺の事は尊重されても・・・
と私は感じた!!!

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2005.01.25

花粉症にやられた

先週後半から鼻がムズムズしてどうしょうもなかったんで
病院にいって花粉症の薬をもらって来た!
今年も花粉症と付き合うはめになった!いい加減ヤンなってきた

そういえば『無花粉スギ』とかいうスギの品種登録がされたけど
成長するまでどのくらいかかるんだろうか????
通常は20年から30年位かかると言われてるみたいだし
植樹からだろうけどそんな先まで待ってられない気持ちだよ

これを書いてる間もあ~~鼻が・・・・・・・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.01.23

最古級ミイラなんだ

エジプトの北部で約3800年から3600年前の未盗掘の
ミイラがほぼ完全な姿で発見された
発見者は早大古代エジプト調査隊体長は吉村作治教授
凄いね かなり綺麗な状態で保存されて・・・・
色使いとかもかなりの文化があの時代からあったんだと
感心仕切りでした。
有名なツタンカーメン王より古いミイラだそうです。
歴史が変わるのか????

関連記事は↓からどうぞ
http://newsflash.nifty.com/news/ts/ts__jiji_21X296KIJ.htm
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20050122-00000000-maip-soci

それにしても吉村教授のエジプトに掛ける想いというか執念には
感心される!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.01.21

コーヒーとがんの関係

@nifty:NEWS@nifty:コーヒー党に肝がん少ない(共同通信)

コーヒー好きの私としてはかなりの朗報かも・・・・・・
一日の始まりが朝の一杯から始まり大体4~6杯飲んでます
肝臓がんが少ないのは結構いいね。それに酒、たばこと
体に悪い事は百も承知なんだけど止められない とまらないで
毎日過ごしてる今日この頃
それでも自分の健康は気になるところが多々ありこう言う記事は
助かる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.01.20

掲示板の復活

やっぱり これかなぁ
いろいろとブログ用の掲示板を探し回って辿り着いたのは
以前も使ってた!!
小さくて邪魔にならないのでまたこれに決めた!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.01.19

携帯でPCの遠隔操作だって

@nifty:NEWS@nifty:[新製品]東芝、PCの全ソフトを携帯電話から遠隔操作できる新システム(BCN)

エッ ウソーーーマジでって感じでした
ここまでしなくてもいじゃんって気持ちもあるけど
携帯の画面の大きさに限界があるんじゃない

私も最近は、携帯でのメールはご無沙汰だし、PCの画面の方が
使い勝手に慣れてるからな

パケット重くないのかな 操作性はいいのかなとか
いろいろ詮索したくなるけど様子みてみよう
多分 自分は使わないな きっと・・・・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.01.16

白血病

今年になってから芸能界での『急性骨髄性白血病』は増えてる
お笑いのカンニングの中島さん そして女優の本田美奈子さんと
仕事の多忙から疲れからか解らないけど・・・・・
過去にも
1980年 ケンタッキーフライドチキンの創業者の
ハーランドサンダース氏が白血病で亡くなってる
1985年にはあの夏目雅子さん また相撲界でものちに
タレントで活躍した蔵間さん 
2000年には K-1のアンディ・フグさん そして
俳優の渡辺 兼さんも幾度か白血病と戦いながら復帰してます

芸能人も人の子 具合が悪い時は無理せずに休む勇気も必要だ
ご回復をそして早い復帰を願ってます!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.01.09

2005年F-1

2005年のF-1界はエンジン、タイヤに関して大幅な
規制改定があり、特に安全性確保の面から車体の形状に
制限が課せられたことによりダウンフォースの減少が
タイムに大きな影響が出てくるだろう。
そのロスをいかに最小限に抑えるかが各チームの課題だろう。

3月6日の開幕戦オーストラリアGPに向けて日本チームの
ホンダ、トヨタにも期待したい。
特にトヨタは参戦4年目を向かえ成果が問われる年になるだろう
ドライバーもヤルノ・トウルーニとラルフ・シューマッハと優勝経験の
ある二人を揃え表彰台を目指してほしい

BARホンダは佐藤琢磨に今年も期待  行ケーー琢磨


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.01.05

仕事はじめ

今日は正月休み明け 仕事始めでした

年末からの休みがわずか1週間だったにもかかわらず
なんか今日は疲れた!

たった1週間でこんなになまってしまったのか???
3が日の酒がたたったのか??
食べ過ぎたのか???
体がやたら重い。

今週中には元に戻すぞ!!!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.01.03

箱根駅伝(復路)総括

いやぁーーー やりましたね駒沢大Ⅴ4達成おめでとう!!

今日も朝から釘ずけでした。それにしても駒大強い!
7区でトップにたって9区でぶっ契りの区間新 速さ強さを感じた

2位には終盤追い上げた日体大、往路優勝した東海大は6位と
検討した。シード権争いは辛くも神奈川大がはいり十数秒差で
惜しくも早稲田大はシード権を逃した。

総合順位
1位  駒沢大
2位  日体大
3位  日大
4位  中央大
5位  順天堂大
6位  東海大
7位  亜細亜大
8位  法政大
9位  中央学院大
10位 神奈川大

今年の箱根駅伝はあきさせない近年まれにみるいいレースだった
また 来年も楽しみにしておこう


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.01.02

箱根駅伝(往路)

image_12

第81回箱根駅伝
正月 恒例の伝統の箱根駅伝
今年で81回の歴史のあるこの大会
正式には箱根往復大学駅伝競走
           略して箱根駅伝

関東では盛り上がるこの大会 決して全国区ではないのに
ローカルレースには間違いないけど!
なぜか毎年釘ずけになる

全区間で217.9Km 10区間に分けて2日間で
10人のタスキリレーで競う
この大会だけど1本のタスキに掛ける各大学のドラマがここにある

今年の大会はまさにこの言葉がふさわしい(往路だけだけど)
東海大が1区でトップ(31年ぶり)でタスキを繫いでから
往路5区まで一度もトップの座を譲らず悲願の往路初優勝!!!
ーーーーーやったぁーーーーーーー おめでとう
今年の往路では各区間ドラマがあった 特に5区の
箱根の山登りで順大が15位でタスキを受け新記録となる11人
抜きの偉業、その他にも5区では駒大、日体大、中大と
2区で山梨学院大、3区で日大と注目された

往路順位
1位  東海大
2位  駒沢大
3位  日大
4位  順天堂大
5位  日体大
6位  中央大
7位  亜細亜大
8位  山梨学院大
9位  城西大
10位 神奈川大

駒大の逆転Ⅴ4はあるのか 中大の追い込みは
あるのか このまま東海大の逃げ切りは難しいかも
明日の復路が楽しみだ!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.01.01

謹賀新年

image_11

明けまして おめでとうございます

ブログも初めての新年を迎えることが出来ました
今年も宜しくお付き合いくださいます様お願い申し上げます

正月三が日はもっぱらTVで過ごすつもり
2日、3日の箱根駅伝は欠かさず見ている!
今年は駒沢大学の4連覇が掛かってる。
中央大の複路は強そうだし見所は沢山ありそうだ

後は2日の午後は親戚で新年会だっけな

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2004年12月 | トップページ | 2005年2月 »